フェリチン不足で起こる肌荒れ

フェリチン不足で起こる肌荒れ

フェリチン不足で起こる肌荒れ

フェリチン不足で起こる肌荒れフェリチン不足は鉄分不足の状態です。

 

皆さんはどのようなときに鉄分を補いますか。

 

毎日摂るようにしている人もいると思いますが、女性の多くが月経が始まったときや貧血の症状が出たときに補うことが多いのではないでしょうか。

 

しかし、直前で摂取した鉄分よりも先にフェリチンが貯めている鉄分から使われる仕組みになっています。

 

そしてフェリチン不足になると、鉄分不足になっている状態なので、そこから貧血や慢性的な疲れなどを起こし、女性にとって悩みの種になりやすい美容の問題も

 

何をしても治らなくて続いているような肌荒れは、もしかすると、フェリチン不足が原因かもしれません。

 

フェリチンおよび鉄分の働きといえば、赤血球を造る役割が有名ですよね。代表的な働きで、赤血球を造るからこそ鉄分不足になると貧血を起こすことで知られています。しかし、鉄分の働きはまだ未知数で、細胞関連など、さまざまな働きがあるとされています。

 

フェリチンには、健やかな皮膚や粘膜を作るためにも必要です。同じく、免疫力などにも関わっています。これらの働きが、肌荒れと関係しています。

 

たとえば、コンプレックスになりやすい人は皮膚アレルギーやアトピーの症状も、免疫力低下が関係しているので、肌荒れ対策にはフェリチン不足を防がなくてはなりません

 

とくに肌が敏感でデリケートな人はフェリチン不足は大敵です。しかも、美肌に欠かせないコラーゲンも鉄分がなくては生成されません。つまりフェリチン不足がコラーゲン不足になり、肌の保水力も低下して肌荒れ状態が続いてしまいます

 

フェリチンは細胞の生まれ変わりにも関わっているので、ターンオーバーが乱れて肌荒れが慢性的に続いてしまいます。美しい肌を保つためには、スキンケアだけではなく、フェリチン不足を解消することも頭にいれておきましょう。

▲TOPへ戻る