フェリチン不足からくる貧血・鉄分不足

フェリチン不足からくる貧血・鉄分不足

フェリチン不足からくる貧血・鉄分不足

フェリチン不足からくる貧血・鉄分不足今まさに貧血に悩んでいることはありませんか。めまいや立ちくらみなど、貧血の症状は日常生活にも影響してしまいます。

 

貧血にはさまざまな種類がありますが、多くが「鉄欠乏性貧血」といって、すなわち鉄分不足が原因で起こる貧血です。

 

鉄分の代表的な働きは血液中のヘモグロビンを作り、赤血球などを生成する働きもあります。

 

そのため、鉄分不足になると当然ながら血液が造られにくくなり、貧血を引き起こします。これが、鉄欠乏性貧血です。

 

そして、フェリチンも貧血と関係しています。フェリチン不足=鉄分不足で、主に貧血の症状を引き起こしてしまいます。

 

鉄分不足になってしまうとうまく血液が造られないので、血液循環も悪くなります。すると、酸素が体内をめぐらなくなり、貧血だけでなく体のさまざまなトラブルを引き起こします

 

また、体内で鉄分が使われたら、フェリチンから始まり、次に血清、そしてヘモグロビンという順になっています。つまりはヘモグロビンに鉄が不足すると貧血を起こしてしまいます

 

食べ物などから摂取した鉄分はフェリチンで貯蔵するため、フェリチン不足になると予備の鉄分も失われて、貧血は起こりやすく、しかも簡単に治りません。フェリチンを充足させるためにも、常に日ごろから鉄分を補給しておくことが大切です。

 

貧血の検査を受けるとき、基本的にヘモグロビン数値を調べますが、フェリチンの数値もきちんと確認しておきましょう。

▲TOPへ戻る