フェリチン不足が不妊に関係あるのか

フェリチン不足が不妊に関係あるのか

フェリチン不足が不妊に関係あるのか

フェリチン不足が不妊に関係あるのかフェリチン不足になると体調不良や肌荒れなどのトラブルを引き起こすと言われていますが、フェリチン不足は不妊とも関係しているとされています。

 

そもそも不妊治療を受けている女性の多くが、フェリチン不足に関連する鉄分不足とされています。

 

鉄分といえば赤血球を造る働きが代表的ですが、それ以外にもさまざまな働きがあります。

 

たとえば、細胞のエネルギー生成にも使われますし、卵細胞を健全に育てるためにも必要になります。

 

鉄分不足にならないように妊活のために、普段の食事に気を遣って鉄分が摂れる食品を食べるようにしている人も多いと思います。しかし、鉄分を補給しても優先的にヘモグロビンに使われるので、フェリチン不足が簡単に改善されません

 

フェリチンは鉄分を貯蔵するための働きがあるので、毎日継続的に、かつ十分に補わないと意味がありません。

 

フェリチン不足が続いてしまうと細胞エネルギーの生成や卵細胞の発育にも影響が出てしまいます。しかも、フェリチン不足は分かりやすいものではないので、貧血などの症状が出ない限り気付かないケースも多いとされています。

 

このような因果から気付かないうちに鉄分不足が起こり、月経不順をはじめ、不妊などに影響しやすいされると考えられます。

 

また、妊娠のために重要な臓器の卵子は活性酸素も外部ダメージになります。不妊対策のためには鉄分と一緒に抗酸化成分を摂るようにしましょう。

 

ちなみに体内にある抗酸化酵素の働きは、鉄が重要とされています。つまり相互的に不妊対策になる成分です。

▲TOPへ戻る