フェリチン不足解消におすすめの食べ物・食品

フェリチン不足解消におすすめの食べ物・食品

フェリチン不足解消におすすめの食べ物・食品

フェリチン不足解消におすすめの食べ物・食品フェリチンの数値は健康診断でも行われる血液検査で判るのですが、これまであまり注目されてきませんでした。

 

一般的に悪性腫瘍のスクリーニングの指標として用いられていたのですが、最近になってフェリチンが鉄分を貯蔵する働きがあることから、病気に限らず肌荒れなどの美容や体調不良などの健康にも重要な数値と認識され始めています。

 

そして最近はフェリチン不足の人が多いものですから、不足しないように増加させることが推奨されます。

 

フェリチン不足の解消におすすめの食べ物は、簡単にいうと、「鉄分」を豊富に含む食べ物です。

 

食品には大きく分けて、「動物性」と「植物性」というタイプがありますよね。

 

一般的には動物性はあまり体によくなく、とにかく植物性が良いというイメージが定着しているように感じます。しかし、栄養素によってはそのイメージは覆されます。

 

鉄分を効率よく摂る食べ物としては、断然、動物性食品の方がおすすめです。たとえば、「レバー、赤みの肉、イワシ、牡蠣、しじみ、あさり、青魚、煮干し」などの肉類や魚介類などが動物性食品であり、鉄分も豊富に含んでいます。

 

もちろん、鉄分を含んでいる植物性の食べ物もあります。たとえば、「ほうれん草、パセリ、大豆、ひじき、のり」など、野菜や海藻類にも含まれています。

 

なぜ動物性食品の方が、フェリチン不足の解消に良いのかというと、鉄分摂取の「効率性」にポイントがあります。そもそも鉄分という栄養素は吸収されにくい性質にあります。そして、動物性と植物性で比較すると、効率よく鉄分が吸収されやすいのが動物性食品です。

 

もちろん、植物性食品で鉄分が摂る意味がないわけではありません。それぞれの食べ物に鉄分と一緒に、その吸収を妨げやすい酵素を含んでいるところがデメリットになっていますが、抗酸化成分と一緒に摂ることで鉄分も吸収されやすくなります

 

植物性食品から鉄分を摂るときは、ビタミンCなどの抗酸化成分も一緒に摂りましょう。また、鉄分以外にも、赤血球造りに必要なビタミンB群などを補うことにより、鉄分不足やフェリチン不足を防げます

▲TOPへ戻る