フェリチン不足からくるうつ病

フェリチン不足からくるうつ病

フェリチン不足からくるうつ病

フェリチン不足からくるうつ病精神的な病気で今深刻になっている「うつ病

 

ストレスや疲労なども原因になりますが、実は最近フェリチンとの関係が注目されています。

 

まず、フェリチンが不足しているのは、”貧血”や”鉄欠乏性貧血”などが起きている可能性が高いです。

 

さらに、体調不良や肌荒れなどのトラブルが続きます。

 

フェリチン不足=鉄分不足であり、これが間接的にうつ病につながります。

 

鉄分不足になると睡眠不足を起こしやすくなります。この睡眠不足が、うつの原因になると考えられます。

 

鉄分は赤血球の材料になる働きが代表的ですが、その他にも細胞増殖などに関わっています

 

鉄分を摂取すると、体内の組織にあるフェリチンが、それを貯蔵する役割を果たしています。もしも体が鉄分不足になったときに、フェリチンが貯蔵していた鉄分を使う仕組みになっています。つまり、備蓄をしているわけです。

 

細胞の代謝や免疫細胞の数、また神経伝達物質ともフェリチンが貯蔵している鉄分が関係しています。神経伝達物質と関係していることからも、フェリチン不足が睡眠不足を招き、うつ病を誘発するとされています。直接的な因果はありませんが、フェリチン不足はうつ病の誘因になります。

 

また、フェリチン不足にならないように、体のために鉄分を含む食べ物を普段から食べていても、体に変化が出ないというケースも珍しくありません。ヘモグロビンの数値が正常で貧血ではないことも。

 

なぜなら、鉄分不足になっていると補給しても優先的にヘモグロビンに使われるんで、フェリチンになかなか貯蔵されないのです。継続的に十分な鉄分補給が大切です。心身の健康、美容のためにもフェリチン不足にならないように気を付けましょう。

▲TOPへ戻る